絵とか文字で、主に育児の面白おかしい出来事を描くオタママのブログ

祖父とのお別れ

昨日の4コマの続き、珍しくしんみり。

初めて半泣きで4コマ描いたよw

そう言えばもう10年前の話になります。当時私は25歳でした。

$ママはじめました。【4コマ+絵日記】-祖父2

じーちゃん、待っててくれてありがとう。

後悔の気持ちが全くないわけではないけど

生きてるうちに会えたことは本当に良かったと思います。

もっと早く行けば、もっと早くに楽になってたのかなぁとか

でも、1日でも一緒にいたいと想って看病していた母や祖母のこととか

色々考えると、あれはあれでベストタイミングだったのかなぁとも思う。

ただ、訃報を聞いたときは

あと1泊すれば良かった、とすごく思いました。

そうしたら通夜や葬式にも出てあげられたのにな

流石に長崎にとんぼ返りする時間もお金も無く…。

あ、でもあのまま滞在してたらまだ生きてたのかなぁ?w

あの日、泣いて、泣いて

黄疸で黄色く、痩せこけた祖父の手を強く握りしめ

お別れをしたのが最期になってしまいました。

後日再会したときは墓の下だったよ。

じーちゃんはお酒が好きで、酒のために死ぬなら本望だって

言っていましたが、67歳は逝くには早過ぎると思います。

じーちゃん、ほんとに本望だった?

私はじーちゃんに、花嫁姿も、ひ孫も見せてあげたかったよ。

父方の祖父は、もう30年も前に50代で脳溢血で亡くなっています

朝、仕事に行こうとして玄関で倒れて病院に運ばれそれっきりでした。

母方と父方の叔父がそれぞれ40代や50代でガンで亡くなりました

なんだかうちの家系の男性は短命な人が多いので

オトンは大丈夫かなぁとちょっと心配。

肺を3分の1ほど切ったのにタバコやめないし…(;´д`)

父の日にでも長生きするように口酸っぱく言うことにしますw

オトンもオカンも、ひ孫見るまで頑張ってくれないとね!(*´∀`)

で、気持ちを切り替えて食い物の話とか。


願わくばゼロカロリーになってほしい食べ物 ブログネタ:願わくばゼロカロリーになってほしい食べ物 参加中

白米。

実はすごく白米が好き!

本当は晩飯ではガッツリ3膳ぐらい食べたい。

でもいつも1膳で我慢している。

おやつは食べないでも一応は生きていけるけど

日本人なら米はやっぱ食べるでしょ、普通。

ガクト以外はw

ガックンは肥満防止以外に

願掛け的な意味合いも込めて米断ちしてるようだけど

私には絶対無理だもの。

たまにご褒美で米とか無理無理。毎日食べたいよ(;´д`)

もちろん、おやつもゼロカロリーなら幸せだけどさwww

先日買ってみたドーナツ専門店(大阪ローカル)pucca puccaのドーナツとか

美味しくって美味しくって…

でもたった2個でもすごいお腹いっぱいになったから

きっと密かにカロリーもすごいのかもなぁ…

とか言いつつ、めっちゃ美味しかったので是非また買いたい。

なんかね、食べると香ばしい良い香りがずーっと広がってるの

北海道産小麦・全粒粉使用って書いてたので、小麦の良い香りなのかな?

どっしりしたボリュームのあるドーナツで

生地が美味しいから色んな味のドーナツ全部が美味しい

大きさは小さいから最初、高いかなぁと思ったけど

食べてみると、味、ボリューム共にそのお値段で大満足だった?。

色んなフレーバーがあるけども、食べてみたヤツどれもこれも

美味しかったなぁ。次は何を食べようかってワクワク。

そうそう、基本が、甘すぎないあっさりした味。

ふわふわ系じゃない、ドーナツらしいどっしりドーナツなのに

よくあるあの口の中の水分持ってかれる感じがなく

パサパサしてないんですよね。

私はあのパサパサ感が苦手なのでここぐらいのが丁度良い、好き。

卵&乳アレルギー対策のイースト使用のドーナツもあって

アレ持ちの人でも食べられるメニューがあるのはスゴいなぁって思った。

小麦アレだともちろん無理なんだけど^^;

私の中でご褒美スイーツに認定!w

大阪市北東部にお住まいの方は是非どうぞ(*´∀`)

次はイートイン狙ってみようかな!

1日1回押していただけると
嬉しいです?ポチっとな
人気ブログランキング  子育てブログランキング
人気ブログランキング(携帯対応)
子育てブログランキング

携帯の方は文字クリックで出るURLを開くと投票できます♪

Next次の絵日記空白オススメ記事ナビ

うん、食べ物の話をすると元気が出る(ぇ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (7)

    • 石井 けん
    • 2010年 4月 16日

    1 ■無題
    物凄く、愛されていたんですねぇ・・・。

    お祖父様位の歳の方だと

    「会いたい」・・とか余り言わないかも

    しれませんね。

    色々、後悔も有ると思いますが、

    最後に会えて良かったですね。
    http://ameblo.jp/tatakaepapamama/

    • ピノ
    • 2010年 4月 16日

    2 ■無題
    父が亡くなったときのことを思い出しました
    普段は東京で働いているので、短くて3ヶ月に1回帰っていたのですが、その時はなぜか月に2回帰ることに
    その月末他界しました。脳出血でした
    お酒を控えろとかあれこれやれたらなーと思いましたが、きっと父の性格では変わらなかっただろうから、あの時帰れて良かったと思うようにしました
    でも、長生きして結婚も孫の世話も・・・とは思いますね(´・ω・`)
    http://ameblo.jp/potatopino/

    • 前向き太郎
    • 2010年 4月 16日

    3 ■無題
    お別れの涙、私も経験あります。
    病に伏す父と別れるとき、泣きたくもないのに自然と涙が。

    でもその後、父は元気になりました。
    http://ameblo.jp/positive-happiness/

    • ろろ
    • 2010年 4月 16日

    4 ■きっと
    いまでもそばで見守ってくれてますって

    ウチは爺婆は健在ですけど、父母がすでに故人なんで。。。でも、たまに見守ってくれてる、って思えますねん
    http://ameblo.jp/punpkinrorojp/

    • ゆきんこ
    • 2010年 4月 16日

    5 ■無題
    一昨年の12月だったかなぁ?
    うちの爺やんが亡くなったのって。

    4年前からガンを患ってて、手の施しようがなくてーって感じだったのかなぁ?
    家の場合ひ孫は見せてあげられたんだけど
    もっとたくさんの時間一緒にいてあげたかったなぁーって。
    何よりも次男が産まれて1年経ってないくらいで
    会いに行ったときに写真を撮り忘れていた事が今でも後悔しております。
    あれが最期だったんだよねー、本当。
    「危ないかも」って言われて、会いに行く準備をしていた日にそのまま逝っちゃって。

    やっぱり場所が遠いってそれだけでアレだよなぁ。
    http://ameblo.jp/dararanyukinko/

    • nikoniko
    • 2010年 4月 16日

    6 ■無題
    ぽろぽろ(;;)
    きっと待っていてくれたんでしょうね…。
    兄を亡くしたとき、
    前日まで 母が泊りがけで看病していたのに、
    一日 帰宅して寝ていたときに 亡くなりました。
    危篤状態から 亡くなるまで
    私たち母子を待ってくれませんでした。
    でも 今思うと
    危篤状態の様子を
    母が見るには耐えれなかったろうから、
    すっと 逝ってしまったのかなぁ
    お兄ちゃんの優しさだったのかなぁ
    と思います。
    残されたものは いいように解釈するんだろうけど、
    でもそれは 間違いじゃない 気がします。
    大切な人が居なくなって、
    後悔しない なんて無いと思います。
    ときどき思い出して「今、見てくれてるかなー?」
    って、
    故人に対して 恥ずかしくないように
    生きていけたらなぁーって思います^^
    http://ameblo.jp/ponnzusaikou/

    • 安串子
    • 2010年 4月 18日

    7 ■無題
    自分の祖父の事を思い出して
    泣いてしまいました

    私は電車で1時間半程度しか
    離れていない距離なのに
    弱った祖父を見るのが怖くて
    ずっと避けていました。

    もっともっと沢山会いに行けばよかった
    と今でも後悔しています。

    最後にちゃんと会えて、
    よかったですね!
    http://ameblo.jp/yasu-gekkyu/

コメントは利用できません。

良かったら応援してね♪


子育てブログランキング

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター


累計:
昨日: 今日:

自己紹介

PN:ゆたかちひろ 今年ジャスフォーのオカンです。 お仕事絶賛募集中ですよ!
yutakachibi@gmail.com

著作権について

当サイトの画像の転載・転用を禁じます。



Artworks and photos on this site are NOT allowed to be used on other websites without permission.